ニューヨーク事務所

AO HLDGS株式会社

Sales Division / Army Unit

草 刈  俊 輝

1995年生まれ。兵庫県出身。兵庫県立伊丹高等学校でラグビーに励み、幼い頃からの夢である消防官として伊丹市消防局に入局。4年間の勤務を全うし、AO HLDGSへ入社。接しやすく明るいキャラクターで組織を盛り上げる。

AO HLDGS広報の吉岡です。草刈さん​ミリオネアおめでとうございます。
ありがとうございます!
早速ですが、以前は消防士を。
はい。消防士になることが小さい頃からの夢でして。
そうだったんですね!
学生時代、ビジネスマンとしてバリバリ稼ぐという憧れもあったんですけど、もう消防の専門学校に入学していたので「消防士にならずにビジネスマンに」なんていう選択肢は僕にはありませんでした。
でも消防士を辞めることに。
そうなんです。最初は夢だった「消防士」という職業に就けて嬉しかったです。隊長のことが大好きで 笑。でも3年目のある日、隊長が人事異動になったんですね。それから後任の隊長と合わなくて。
そうなんですね。
お恥ずかしい理由なんですが、新しい隊長は僕の事を認めてくれない、褒めてくれなかったんです。前の隊長は沢山褒めてくれる人だったんです。そこで気付いたのは結局、僕って人命救助がしたいとか人のためになる仕事がしたいって言ってたくせに、実は周りから評価されたいとか、褒められたいっていう承認欲求が強いんだなって。
でもそれは誰でも褒めて欲しいと思うものじゃないですか?
そうなんですかね。そんな毎日が続いていたので、全然仕事が楽しくなくて、漠然と仕事をこなしていたんです。
それからどうされたんですか?
高校時代から憧れていた森山に相談したんです。森山は高校ラグビー部の先輩で、その当時すでにAO HLDGSでマネージャーでした。
すごい縁ですよね。
はい、本当に。森山は「仲間と本気になれる今が最高に楽しい」ってずっと話してて。僕は率直に、もう一度本気になれる環境で勝負がしたいし、こんな風に毎日楽しいと堂々と言えて、尊敬する先輩と仕事がしたいって思ったんです。
堂々と誇れる仕事、素敵ですね。
結局、僕が憧れていたのって、消防士っていう職業じゃなくて、人格だったんだなって気付いたんです。この人みたいになりたいとか、この人と仕事をしたいって思えるとか。何をするかよりも誰とするかなんだなって。
うわー、本当そうですね。でも消防士さんから一変、営業ですよね?

そうですね。なので最初は本当に売れなかったですね 笑!どうしても「すぐに契約してくれる人」を探してしまうんです。目先の利益ばかり考えてしまう。だから全く売れなかったんです 笑。

そうだったんですね!それからどうやって?
今すぐお客さんになるかどうかは置いといて、もうとにかくいろんな人に会いました。「自分を喜ばせる」ためでなく「人を喜ばせる」ために、もうとにかく会いまくるんです。
とにかく会う。

はい。やっぱり最初は自分の利益しか考えていないと会えないですし、会えたとしてもそんな人は紹介したくないですよね。目の前の人を喜ばせることを考えて会えば、人と人を繋いだり、困っている方に何か紹介できたり。そのとき契約にならなくても「草刈さん!こんな方いましたよ!」と本業のご紹介をいただける関係性ができてくるんです。

それでミリオネアになるまでご紹介をいただけるんですか。

いえ 笑。そんな勝手にはご紹介なんていただけません 笑。アポイントの度にBEATSの話はしてますから 笑。

そうなんですね 笑!

そうですよ 笑!でも最後は、僕がミリオネア行くか行かないかって時に応援してくれる方がいらっしゃったのでミリオネア行かないとその人達に顔が立たないと思って必死でした。正直、達成したい気持ちよりも裏切れない気持ちの方が全然大きかったです。

そうなんですね!それでは最後にメッセージをお願いします。

BEATSに来て、みんなと、仲間と仕事をやってるってのが本当に楽しくって。だから僕から伝えたいのは楽しい人と一緒にいるってことが何よりも大事かなって思います。これでメッセージになってますかね 笑?

なってますなってます 笑!本日はありがとうございました!

こちらこそありがとうございました!